読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opamp_sando's blog

クソザコが割りと適当なことを書くためにある備忘録です。あとたまに普通の日記も書きます

Linuxで日本語キーボードとUSキーボードを併用するとき

ArchLinux

最近試しにUSキーボードを買ってみた。で、私が主にLinuxを使っているのはMacBookAir上のArchLinuxなので、MacBookAir本体の日本語キーボードとUSB接続のUSキーボードを併用できたらと思った次第。あ、コンソールじゃなくてXorgでの設定方法。

OSXなら新しいキーボードを接続したら左右Shiftの隣のキーを押すとキーマップをある程度自動判別して設定してくれる便利ツールがあるのだが、Linuxの場合はどうやら複数のキーマップをxorgに設定できるようだ。

私は設定ファイル/etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.confにキーマップ設定を書いているので、この設定ファイルをいじって次のようにした。

Section "InputClass"
    Identifier  "Keyboard Defaults"
    MatchIsKeyboard "yes"
    Option  "XkbLayout" "jp,us"
    Option  "XkbModel" "jp106,pc104"
    Option "XkbOptions" "grp:alt_shift_toggle"
EndSection

キーマップ切り替えはShift+Altでできるようになっている。これでデフォルトでは日本語配置で、Shift+AltでUS配列にトグル切り替えできるようになる。

参考

https://wiki.archlinux.org/index.php/Keyboard_configuration_in_Xorg

Firefox ブラウザ無料ダウンロード