opamp_sando's blog

クソザコが割りと適当なことを書くためにある備忘録です。あとたまに普通の日記も書きます

shellyを導入

ArchLinuxでshellyを導入する。
Webに書いてあるとおりに導入すればインストールできる。

REPLに入って

* (ql:quickload :shelly)
* (shelly:install)

で~/.shellyにインストールされる。私はzshを使っているのでシェルの設定ファイルに以下を追加

SHELLY_HOME=/home/username/.shelly; [ -s "$SHELLY_HOME/lib/shelly/init.sh" ] && zsh $SHELLY_HOME/lib/shelly/init.sh
$ shly

これでshlyコマンドが動作するが、sbcl not foundのように処理系のバイナリを見つけきれない場合がある(PATHが通っているにもかかわらず)

その場合は~/.shelly/configを編集する。SBCLなら

SHELLY_LISP_IMPL="sbcl"
SHELLY_LISP_BINARY="/usr/bin/sbcl"

のようにSHELLY_LISP_BINARYに絶対PATHを記載すると良い。
ArchLinuxならpacmansbclを入れると/usr/binに入るので上のようにすれば良い。

これで例えばcl-projectなら

$  shly -Lcl-project cl-project:make-project `pwd`/project --author hogepiyo --email hogepiyo@mail.example.com

こんな具合に呼び出せる。

Common Lisp... もう少し環境面はなんとかならないものか。

Firefox ブラウザ無料ダウンロード