読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opamp_sando's blog

クソザコが割りと適当なことを書くためにある備忘録です。あとたまに普通の日記も書きます

MacBookAirのArchLinuxでサウンドの設定

ちょっと手こずったのでメモ。

概要

多くのページにLinuxカーネルのバージョンいくらからだったかMacのサウンドカードはデフォルトで認識され、alsamixerでミュートを解除するだけで音が出るという説明がされていたがそんなことはなかったのでメモ。
もちろんMacBookAir本体のバージョンや環境によっては一発でなんの問題もなく動作する場合もあるだろうけど。

原因

特にカーネルモジュール周りをいじってなかったらドライバ自体はおそらくちゃんと入って読み込まれているはず。

macbookairにはHDMI出力のためっぽいオーディオデバイスもあるので実質多分2つくらいサウンドデバイスが混在している。
もちろんスピーカーに出したいならHDMIじゃない方にしないといけない。
うちで音が出てなかった原因はデフォルト値がHDMIになっていたから。VLCやspeaker-testではなんたらが開けないみたいなエラーが出てたけど多分HDMIでオーディオ出力なんてしてないのでエラーだったのではないかと。

解決策

とりあえず、解決策としてはArchWikiの方法を使ったらうまくいった

https://wiki.archlinux.org/index.php/Advanced_Linux_Sound_Architecture_%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%29#.E4.BB.96.E3.81.AE.E6.96.B9.E6.B3.95

具体的には、/etc以下にasound.confを作成して次のような記述を行った

pcm.!default {
    type hw
    card 1
}

ctl.!defalt {
    type hw
    card 1
}

card 1にしたのは

$ aplay -l

を実行した際、card1にPCH[HDA Intel PCH]が設定されてるのが確認できたから。

終わり

これで再度ミュートを外してspeaker-testしたらちゃんと音が出た。

Firefox ブラウザ無料ダウンロード