opamp_sando's blog

クソザコが割りと適当なことを書くためにある備忘録です。あとたまに普通の日記も書きます

.AURINFOがAURで必要になったようだ

cutter test frameworkがアップデートされていたのでAURに置いているPKGBUILDをアップデートしようとしたところ、「.AURINFOがないからsubmitできなかったよ!!」的なことを言われた。

全く把握してなかったのだが、ArchWikiによるとAUR2.1.0より

".AURINFO" という名前のメタデータファイルをソース tarball に追加することで特定の PKGBUILD フィールドを上書きします。

とのこと。

ということで、mkaurballという"makepkg --source"のラッパーコマンドを用いることで簡単に.AURINFOを追加してくれるとのこと。
mkaurballコマンドを使うには

$ (sudo) pacman -S pkgbuild-introspection

して、"pkgbuild-introspection"パッケージを導入する。

できたら、PKGBUILDを書いて

$ makepkg --source

をする代わりに

$ mkaurball

するとおk。

まあ、archwikiに全くそのまま同じようなことが書いてるわけだが...

ちなみに、.AURINFOは例えば

pkgbase = cutter-test_framework
        pkgdesc = cutter is c/c++ unit test framework.
        pkgver = 1.2.4
        pkgrel = 1
        url = http://cutter.sourceforge.net/index.html
        arch = i686
        arch = x86_64
        license = FDL1.3
        license = LGPL3
        depends = glib2
        depends = intltool
        depends = perl
        depends = pkg-config
        depends = libsoup
        depends = gettext
        optdepends = gtk2
        optdepends = cairo
        optdepends = pango
        optdepends = ruby
        source = http://downloads.sourceforge.net/project/cutter/cutter/1.2.4/cutter-1.2.4.tar.gz

pkgname = cutter-test_framework

こんな感じのファイルっぽい。

では、今日はこのへんで。

Firefox ブラウザ無料ダウンロード