読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opamp_sando's blog

クソザコが割りと適当なことを書くためにある備忘録です。あとたまに普通の日記も書きます

ArchLinuxにKDEをインストール

ArchLinux KDE

前に書いた記事が古くなったのと、前よりは知識が少しは増えてまともな書き方ができるようになったかもしれないので改めてKDEのインストール方法をメモしてみることにした。
本当は1日にたくさん記事書きたくないけど忘れないうちに。

環境と準備について

ArchLinuxは最新の2013.2のメディアでインストールした最近のものを利用。
で、ネットワークの設定とか基本的なことは完了している前提。
ちなみに、セットアップするKDEはこれを書いた時点で4.10.00のようだね。

VMFusion5上で作業するので、途中でVMware向けの設定などもはさみながら書いていくよ。
作業を始める前に、VMware上で作業をする人はopen-vmware-toolsをインストールしておくといい。
していないなら次のコマンドで...

$ sudo pacman -S open-vm-tools open-vm-tools-modules &&sudo cat /proc/version > /etc/arch-release

KDEインストール

とりあえず、多分いちばん時間のかかるKDEを先にインストールする。

$ sudo pacman -S kde kde-l10n-ja

とすればすべてインストールされる。最初に幾つか質問が出るので適当に答える。別にどれを選んでも問題ないと思う。ただJavaは特に理由がないならJDK7のほうにしたほうがいいと思う。それ以外はお好みで。

しばらくまつ

xorgをインストール

続いてxorgをインストールする。

$ sudo pacman -S xorg xorg-server xorg-xinit xorg-utils xorg-server-utils

をまとめてインストールする。

xorg.confを作る

rootでログインするなりして

$ X -configure

を実行する。/root以下にxorg.conf.new的なファイルができるので、これを次のようにして/etc/X11以下にコピー

$ (sudo) mv xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf

とする。

X向けのkeymapを設定する

X上でのキーマップの設定は以下のサイトを参考にさせて頂いて設定した。

http://blog.livedoor.jp/climisk/archives/51707668.html

このサイトに書いてある通りにすれば大丈夫。

Section "InputClass"
    Identifier             "Keyboard Defaults"
    MatchIsKeyboard        "yes"
    Option                 "XkbLayout" "jp"
    Option                 "XkbModel" "jp106"
EndSection

というのを/etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.confを作って書き込む。
タイポなどがあると起動しなくなるので注意。

ArchWikiにもある。こちらもいい感じに参考になるかも
https://wiki.archlinux.org/index.php/Keyboard_Configuration_in_Xorg_%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%29

vmware向けの設定

ここはvmware向けの設定を幾つかメモしておく。vmwareを使っていないなら飛ばして...
一応Wikiを参考にしながら...(https://wiki.archlinux.org/index.php/Installing_Arch_Linux_in_VMware)

まず、/etc/X11/xorg.confを設定する。

Section "Device"
        ### Available Driver options are:-
        ### Values: <i>: integer, <f>: float, <bool>: "True"/"False",
        ### <string>: "String", <freq>: "<f> Hz/kHz/MHz",
        ### <percent>: "<f>%"
        ### [arg]: arg optional
        #Option     "ShadowFB"                  # [<bool>]
        #Option     "DefaultRefresh"            # [<bool>]
        #Option     "ModeSetClearScreen"        # [<bool>]
        Identifier  "Card3"
        Driver      "vesa"
        BusID       "PCI:0:15:0"
EndSection

みたいになってる場所があると思うので、このDriverを書き換える。そうしないと画面サイズを調整したりしてくれない。動きはするけど...

Section "Device"
        ### Available Driver options are:-
        ### Values: <i>: integer, <f>: float, <bool>: "True"/"False",
        ### <string>: "String", <freq>: "<f> Hz/kHz/MHz",
        ### <percent>: "<f>%"
        ### [arg]: arg optional
        #Option     "ShadowFB"                  # [<bool>]
        #Option     "DefaultRefresh"            # [<bool>]
        #Option     "ModeSetClearScreen"        # [<bool>]
        Identifier  "Card3"
        Driver      "vmware"
        BusID       "PCI:0:15:0"
EndSection

という感じ。

続いて、カーネルに幾つかモジュールをロードさせる設定をする。

$ sudo vim /etc/mkinitcpio.conf

を開いて、上のほうにあるMODULESという行に次のように3つほど加える。

MODULES="vmci vmblock vmwgfx"

で、書いたら

$ sudo mkinitcpio -p linux

を必ず実行する。で、再起動するがその前に

$ systemctl enable vmtoolsd

をまだ一度もこれまでに実行してないなら実行しておいて、再起動する。

$ sudo reboot

再起動したらいくつか設定の確認をする。うちの場合は、どうやら自動で設定が行われたらしく何も設定しなくてよかったが、/etc/xdg/autostart/vmware-user.desktopというファイルに

 [Desktop Entry]
 Type=Application
 Name=VMWare User Agent
 Exec=/usr/bin/vmware-user-suid-wrapper
 Icon=system-run

みたいな感じのことが書き込まれてるか確認する。これがあればKDE起動時に自動で画面調整などを行なってくれるはず。

ここまで設定できたらある程度完了なのでKDEのセットアップ作業に戻る。

$HOME以下の.xinitrcを書き込む

$ vim ~/.xinitrc

を開いて

startkde

と書き込んで閉じる。これでstartxすれば多分もうKDEが立ち上がる。

$ startx

これで多分KDEが起動できる。

KDMで起動する設定にする

毎回上のように"startx"でKDEを起動する人はこの作業はしなくていい。

OS起動時に自動でログイン画面を出して起動したい場合KDMを使う。KDMは多分kdeと一緒にインストールされるのでそのまま使える。

$ sudo systemctl enable kdm

これをして再起動してみると...

という感じになる。このままログインできるはず。

起動すれば成功。

KDE上の日本語ファイルが文字化けする場合

localeの設定ができてないので、次のところを参考に設定する。まあ、最近書いた自分の記事だけどもさ。

http://d.hatena.ne.jp/opamp_sando/20130219/1361250324
https://wiki.archlinux.org/index.php/Locale

下はArchLinuxのWikiなのでそっちでもおk。

終わり

これで多分終わり。KDE自体の設定とかは後々暇な時に書くかもしれない。とりあえず今日は最低限の起動だけ。
で、もし不足してるとことかあったら後々追記するかもしれない。
あと、Linux割りと使ってるけどまだまだ初心者なので何か間違いがあるかもしれない... orz

Firefox ブラウザ無料ダウンロード