読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opamp_sando's blog

クソザコが割りと適当なことを書くためにある備忘録です。あとたまに普通の日記も書きます

設定ファイルをいろいろ書き換えた日

講義が1コマなかったのでその時間から今に至るまでひたすら設定ファイルを書き続けてた。
主にemacsとtmuxだけどね。

今回の記事は今日したことを書き連ねるだけ。特に何の意味も意図もない。

結果としてこんな感じ....

f:id:opamp_sando:20131130011417p:plain

とりあえずemacsはevilを入れてどんな感じか見て見たんだけどタブとかその辺がうまくできない。
elscreenのemacs24バージョンを入れてもevil-elscreenがちゃんと動かない感じ。(主にtabnextとか)
なので、C-zでemacsモードに変えてからelscreenのショートカットを使うというクソ仕様になっている感じ。
なんかvimにあるqbufだったか忘れたけどそんな感じのシンプルなバッファ管理pluginとかあればいいのかもなって思った。
ちなみにpackage.elがemacs24から標準搭載という話だったけど今回は紆余曲折あってel-getを使って構築した。
まあ、そのタブ、バッファ周り云々を除いたら大体いい感じの環境ができた気がする。補完も自分のvim環境そっくりにできたし。

で、tmuxの方はtmux-powerlineを導入していい感じの見た目にしてみた。
なんと天気まで表示される便利仕様。
こちらはいろいろなサイトを参考にしながら結構スムーズに出来た感じ。

https://github.com/erikw/tmux-powerline
http://yonchu.hatenablog.com/entry/2012/11/16/100458
http://matsu.teraren.com/blog/2013/02/10/moteru-tmux-powerline/

大体この辺を参考にやってみた感じ。
ただ、OSX環境だといろいろ古いので...

bash 4.2
grep 2.15

を別途インストールした。めんどかったので野良ビルドしたでござる。
grepが最新じゃないと天気が表示されない。(天気の表示には別途設定もいるが)
あと、grepがBSD由来かを判断するスクリプトがpowerlineには含まれてるがそこでエラーがでたので強制コメントアウトして自分の環境の値を入れてる感じ。

まああとはtmuxが1.8でlibeventが2.0系だったらいい感じに動く。

どうでもいいけどうちの大学の某委員会のサーバーはtmuxが1.6だったので動かなかったし、無理やりHOME以下に1.8を入れたらバージョンが一致しない的なことを言われて今度はtmuxすら動かなくなったというアレ。

Firefox ブラウザ無料ダウンロード