読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opamp_sando's blog

クソザコが割りと適当なことを書くためにある備忘録です。あとたまに普通の日記も書きます

diskutilコマンド

diskutilコマンドなるものがMacの世界にはあるらしい。

$ diskutil list

で現在接続されているディスクのパーティション一覧を表示することができる。例えば

$ diskutil list
/dev/disk0
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *250.1 GB   disk0
   1:                        EFI                         209.7 MB   disk0s1
   2:                  Apple_HFS MacOSX_HDD              193.5 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3
   4:       Microsoft Basic Data BOOTCAMP                55.7 GB    disk0s4
/dev/disk1
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *250.1 GB   disk1
   1:                        EFI                         209.7 MB   disk1s1
   2:                  Apple_HFS OSX_SUB                 203.7 GB   disk1s2
   3:       Microsoft Basic Data COMMON_DISK             45.8 GB    disk1s3

うちならこんな感じになっている。
/dev/disk1は外付けドライブだね。

そして、各パーティションの詳細情報を表示したいなら

$ diskutil info /dev/disk0s1

などとしてみると

  Device Identifier:        disk0s1
   Device Node:              /dev/disk0s1
   Part of Whole:            disk0
   Device / Media Name:      EFI System Partition

   Volume Name:              Not applicable (no file system)

   Mounted:                  Not applicable (no file system)

   File System:              None

   Partition Type:           EFI
   OS Can Be Installed:      No
   Media Type:               Generic
   Protocol:                 SATA
   SMART Status:             Verified

   Total Size:               209.7 MB (209715200 Bytes) (exactly 409600 512-Byte-Blocks)
   Volume Free Space:        Not applicable (no file system)
   Device Block Size:        512 Bytes

   Read-Only Media:          No
   Read-Only Volume:         Not applicable (no file system)
   Ejectable:                No

   Whole:                    No
   Internal:                 Yes
   Solid State:              No

という具合に詳細な情報が表示される。

また

$ diskutil /dev/disk0

と、ディスク自体を指定するとそのディスクの情報も得られる。



"mount"や"umount"やディスクの"eject"にも対応しているので、このコマンドを介してディスクのマウントやアンマウント。そして光学ディスクの取り出しなども行うことができる。



他にもヘルプを見た感じだと、ディスクユーティリティのコマンド版と言った具合にディスク管理に関して色々できるようだ。

Firefox ブラウザ無料ダウンロード