読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opamp_sando's blog

クソザコが割りと適当なことを書くためにある備忘録です。あとたまに普通の日記も書きます

RhodeCodeも試してみた (ArchLinux)

ということでRhodeCodeなるものがあるようなのでこちらも試してみた。
というかsshhttpsで通信したいです。

ユーザー作成

$ (sudo) adduser

やらなんやらで適当なユーザーを作るといいかも。
ここではpiyoグループに所属するhogeユーザーを作ったことにしよう。

virtualenv構築

$ (sudo) pacman -S python2-virtualenv

をインストールしてvirtualenvを使えるようにする。実際のコマンドは"virtualenv2"になる。

virtualenvを作成

$ (sudo) mkdir /var/www/rhodecode-venv

からの

$ (sudo) virtualenv2 --no-site-packages /var/www/rhodecode-venv

成功したら"/var/www/rhodecode-venv/bin/active"なるファイルが生成される。

$ (sudo) source /var/www/rhodecode-venv/bin/activate

実行して環境を移動。

rhodecodeをインストール

$ (sudo) mkdir /var/www/rhodecode

からの

$ cd /var/www/rhodecode

移動して

$ (sudo) pip2 install rhodecode

それなりに長いのでしばらく待機。

ユーザーを変更

ここまで来たら今までrootで作業して作ってきた環境を最初に作ったユーザー用にする。

$ (sudo) chown -R hoge:piyo /var/www/rhodecode*

とすればhogeユーザーのpiyoグループが先ほど作ったファイルやディレクトリの所有者となる。

$ su hoge

hogeユーザーに変更して

$ source /var/www/rhodecode-venv/bin/activate

を実行して環境を変更

設定

"/var/www/rhodecode"にて

$ paster make-config RhodeCode production.ini

する。
続いて
※次のコマンドの質問でリポジトリを作るディレクトリを聞かれるので予め作っておく。

$ paster setup-app production.ini

をする。これで色々聞かれるので答える。リポジトリを作るディレクトリは一番最初に聞かれるので絶対PATHを答える。


続いて直接production.iniを開いて設定する。viなどでこれを開いて

host = 127.0.0.1

となっているところを変更する。今回は自分のサーバーのIPにする。

※langとかの設定デフォルトでenだけど変更しないほうがいい。変更するとエラーで起動しなくなる。

起動

$ paster serve production.ini

とすれば起動する。後は上のhostで設定したIPの5000ポートにアクセスすれば開けるはず。

終わり

本当はこのあとrc.confから起動するとかいろいろやりたいんだけど、自分としてはhttpssshあたりでpushできるようにするのが優先なのでそっちを先にやる。
なんかapacheとか絡んでくるのかな?とりあえず一筋縄では行かなそうなので、とりあえず基本導入ということでこの記事はここまで。
今後方法がわかったら別の記事で書くと思うよ。

Firefox ブラウザ無料ダウンロード