読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opamp_sando's blog

クソザコが割りと適当なことを書くためにある備忘録です。あとたまに普通の日記も書きます

ArchLinuxでmoshを使ってみた

VM上で動いてるいつものArchLinuxにホストマシンのMacOSX Lionから接続してみた。
moshは最近噂のアレ

https://github.com/keithw/mosh

上がmoshのgithubかな。

以下の記事を参考にしてやってみた。
http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0220

moshインストール

moshをダウンロードして、コンパイルする必要がある。
ArchLinuxにはAURにmoshがあるようなのでそれを利用してもいい。
その場合

$ sudo yaourt -S mosh

とする。
MacOSXではMacPortsなどを用いてインストールすることができる。(もちろんソースをDLして野良ビルドしてもおk)

$ port search mosh
mosh @1.2 (net)
    Mobile Shell
$ sudo port install mosh

サーバーを動かす

サーバーは"mosh-server"コマンドを用いる。ので、今回サーバーとするArchLinux側の端末にて

$ mosh-server

と動かすと
例えば以下のような出力がでる

$ mosh-server

MOSH CONNECT 60001 AArDDq4G6BkZlCSjQMkOAA
$ 
mosh-server (mosh 1.2)
Copyright 2012 Keith Winstein <mosh-devel@mit.edu>
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

[mosh-server detached, pid = 6242]

ここで重要になるのは"AArDDq4G6BkZlCSjQMkOAA"という文字列。
これを覚えるorコピーしておく。

クライアント側から接続する

上記のようにmosh-serverを実行したら次にクライアント側で

$ export MOSH_KEY=AArDDq4G6BkZlCSjQMkOAA

と、先程メモorコピーしておいた文字列をMOSH_KEY環境変数に設定する。
その後

$ mosh-client [ip] 60001

のようにmosh-clientを実行する。ただし[ip]はmosh-serverが動いてるサーバーへのIPにすること。例えば、うちはローカルなので192.168.24.60となる。

これで接続できるはず。

接続できない場合

もし、画面がクリアされたと思うと[mosh-server is exiting]という表示がでる場合、サーバーが自動で落ちている。先程貼った参考にした記事によるとmosh-serverは起動後60秒以内にクライアントの接続がない場合は自動で落ちてこのようなメッセージが表示されるようだ。なのでこのようになったらもう一度サーバーを立ち上げるところからやり直す必要がある。

最後に...

とりあえずこれで接続ができたはず。
まあ、今日はこんな感じ。

ちなみにmoshはGPLv3の元リリースされているオープンソースソフトウェア。SSHよりも速かったり、断続的な接続でも動作するらしいよ。
まあ、詳しいことはわからないけど。これからどうなるのかな...

そういえば今日ほっともっと行ってふと棚を見たらアイマスのプリンがあった。

Firefox ブラウザ無料ダウンロード