読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opamp_sando's blog

クソザコが割りと適当なことを書くためにある備忘録です。あとたまに普通の日記も書きます

WindowsでPDCurses

前回の続き...
ということで早速WindowsXPでも試してきた。 PDCursesのWindowsバイナリを配布しているサイトがあるが、バージョンがいささか古いようなので自力でビルドしてみた。
ビルド方法は簡単で、PDCursesのアーカイブを開くと win32 というディレクトリがあるのでそこに移動してmakeする。ただ、処理系によって使うmakefileを変更する必要があるためREADMEを読んで make -f オプションを使って指定する。

makeするとサンプルコード(demos)とpdcurses.aなどがビルドされる。 まずはdemosを動かしてみた。(以下が動作画像)

適当に選んだデモがクリスマスもので、今の時期としては結構季節はずれだけど・・・
とりあえずこんな感じできちんと実行できるようだ。


とりあえず今回ビルドしたものは必要と思われるファイルをprefixのように分けて圧縮したので、それをここで配布してみる。
一応適当なdemoのビルドには成功してるが、もしかしたら足りないファイルがあったり 他の環境では利用できない場合もあるかもしれないが...

DLはこちら

( demosのコードをそのまま付属させているのでビルドテストをしてみるといいかもしれない。ただしその場合はdemoのコードの最初の方にあるinclude文を若干書き換えるか、上のDLのアーカイブに付属させたヘッダーを適切な位置にしてやらないと includeファイルが見つかりませんというエラーになる)


ビルドの例。 (mingw)

gcc -o a.out demo.c lib\pdcurses.a

など。 pdcurses.aとリンクさせる必要があるため上のように直接ファイルのPATHを記述してリンクさせるか リンクのPATHが通ったところに置くか,移動させて -l を使ってリンクする方法を取る必要がある。

また、demo.cは適当なdemoコードで置き換える。


こんな感じでいいかな?
ということで今日はノシ

Firefox ブラウザ無料ダウンロード